読書録~看書便條~

読書録ブログです。小説、趣味、仕事の本などいろいろ。Kindle Unlimitedにお世話になっています。

【メモ】よくきくけど、よくわかっていない半導体

読書録ではない記事だが、お許しを。
最近、半導体について話を聞くことが多い。しかし、半導体の消費者(Customer)として生活していると、聞いたことがあっても意味が解らない言葉が多くある。
今回は、頭の整理をかねて、その辺をまとめてみた。

そもそも半導体というくくりが大きい

半導体といってもいろいろな種類がある。
そもそも「半導体」という言葉は、電気を通さない絶縁体と電気を通しやすい導電体の、中間的な物質を指す。
ただ、一般的な市場では集積回路(IC)などの電子部品を指す言葉として使われることが多くなっている。
ここでは、タイピング時間の節約もかねて、ICと記載する。
ICにはロジックとメモリがある。ロジックは論理、メモリは記憶をつかさどる。
  • ロジック→CPU(中央処理装置)など
  • メモリIC→DRAM、NANDなど

メモリICの種類

メモリICはさらに枝分かれする。よく聞く(けどよくわかっていない)のがDRAMとNAND。だが、いきなりそこを整理する前に、すこし大きなくくりからみていく。

揮発性メモリと不揮発性メモリ

揮発性は、電源を切ると記憶が消えることを指す。代表的なものは、DRAMSRAMなど。ちなみに、RAMとはRandom Access Memoryの略。
DRAMはダイナミックRAMの略で、記憶内容を保持するために定期的にリフレッシュ動作が必要となり消費電力が大きい(この必要がないのがSRAM)。
ただ、DRAMSRAMに比べると構造が単純なため、安価で大容量化しやすい点がメリット。
パソコンなどのメインメモリ(主記憶装置)として採用されることが多いらしい。

(参考)半導体メモリの種類と特徴|IT Insight|Rentec Insight|レンテック・インサイト|オリックス・レンテック株式会社 (orixrentec.jp)

不揮発性メモリ

不揮発性メモリは電源を切っても記憶が保存されるもののこと。主記憶装置より、外部記憶装置がメイン用途。
  • ROM:Read Only Memoryの略。CD-ROMとかイメージするといい。電源を切っても記憶は保たれるが「ROM」のごとく、読む専で上書きが不可。
  • フラッシュメモリ:CD-ROMと異なり後からデータの書き換えが可能。
フラッシュメモリは、データを記憶する最小単位である「メモリセル」と呼ばれる回路構成を敷き詰めた構造となっており、直列つなぎがNAND型、並列つなぎがNOR型とよばれる。
こちらのウェブサイトを見ると、NOR型もNAND型も用途に応じて使用されているとのこと。ただ、フラッシュメモリ市場の中を見ると、最近はNAND型が主流らしい。

NAND型フラッシュメモリ

NAND型はNOR型に比べ回路が小規模で高集積化に向いており、同世代で比較すると低価格化・大量化がしやすい。
ちなみに、NAND型は記憶が上書き可能だが、フラッシュメモリの原理上、直に書き換えすることはできず、一旦消去してから書き込み直さなければならない
各メモリセルは自分を含むブロックのいずれかのセルが書き換えられる度に消去と再書き込みが繰り返されるため、ブロックの小さいNOR型より書き換え寿命に到達しやすく、またNOR型と比較すると情報が消えるリスクが相対的に高いという特徴もある。
 
ここまで整理して、やっとクリアになった気がする。
DRAM、NANDってよく聞くけど、同じメモリでも種類が違うものだったのかあ。すっきり。

2022年11月の読書録

ものすごく「今更」なことだが、11月の読書録をやっとまとめる。

まとめるといっても1冊しか本を読んでいなかったのだが…。

2022年11月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:333ページ
ナイス数:15ナイス

■だまされた女/すげかえられた首 (光文社古典新訳文庫)

どちらの本もタイトルがネタバレなので、途中で「もしやこんなことが起こるのでは?」と予想つくかも。けど、予想がついてもその後の描写が丁寧で、読み応えがある。著者の本意ではないと思うけど、自己診断はやっぱ危ないよねと思う。別の本で読んだけど人ってその状況を信じたいように解釈しがち。「だまされた女」はまさにその典型だったなと思った。ちょっと冒頭部分が長いけど、最後まで読む価値のある本。
読了日:11月03日 著者:トーマス マン

mang2guo3.hatenablog.com

以上

【読書録】だまされた女/すげかえられた首

約1か月かけて、トーマス・マンの『だまされた女/すげかえられた首』を読んだ。

Kindle Unlimitedの対象だったことと、基本的に古典は、翻訳さえしっかりされていればはずれが少ないという経験があったことから手に取った。

https://m.media-amazon.com/images/I/51HSNyhQ42L._SX344_BO1,204,203,200_.jpg

2つの小説からなるのだが、どちらも後半から一気に物語が進む(というか、タイトルの意味が分かる)ので、前半部分を読むのに少々時間がかかってしまい、1か月以上要してしまった。

※前半部分を読むのに辛抱が必要、というのは、結構おおくのレビューに書かれていたので、結構同じことを考えている人が多いのかも。

基本的にネタバレになってしまうので、これから読む人には申し訳ないが、以下、個人の感想など。

だまされた女

話の途中の描写で「ん?」と思っていたけれど、自分の思い込みによって騙された夫人のお話、とでも言えばいいのだろうか。恋は盲目なうえに、自己診断は危険だなあと、小手先の感想を抱きつつも、現代人でも共感できる部分がありそうな気がする。

すげかえられた首

そのひとが誰かを定義づけるのは、頭なのか、体なのか。という倫理観が問われそうな話と思わせておいて、実は頭と体は結局つながっているので融和してしまうお話だった。これ、ひとの首を挿げ替えるとなるとグロく感じられるけれど、もしAとBのいいところだけをとった存在を創り出せるとしたら...と考えると、そうしたいと思って行動してしまう人はひょっとするといるのでは、と思ってしまった。

結論としては誰も救われない。しいて言えばシータと「夫」の間に生まれた息子は、「両親」の鮮明な記憶を持たずに、まわりに大切にされて育てられたという意味で、救われたのだろうか。

bookmeter.com

2022年10月の読書録

秋と言えば、食欲の秋、読書の秋だが、2022年の秋はどちらかというと食欲の秋でスタートしてしまった。手作り餃子パーティー、人生初のトラフグコースなど、食関連のイベントが個人的に多かった印象だ。他方、逆流性食道炎もちではあるので、その合間におなかの調子が悪化したこともあった。ちなみに、療養のためにお酒を減らしたら、おなかの調子は悪いけど体は軽いと感じることが増えていて、体調がいいのだか悪いのだか、自分でもあまりよくわからない状態になっている。

さて、だらだらと前置きが長くなったが、前置きで伝えたかったのは「読書の秋」になりきれなかった言い訳である。10月の読書冊数はたったの2冊だった。あと1冊並行して読んでいた本があったのだけど、それは11月に入ってから読み終えたので、次回紹介したいと思う。

10月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:538
ナイス数:28

奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語感想
奇書そのものだけでなく、その本がたたかれたり賞賛されたりした時の社会はどうだったのかということまで書いてあって面白い。魔女の拷問に関する本とか、今なら「はあ?」だけど、細菌の存在を知らない社会でペストが蔓延したらそりゃ魔女に責任なすりつけたくなる気持ちもわかるなと。事実より読者が求めている内容がかかれている本が人気が出てしまう…ってことはあるのかもなと思えた。あと、100年後の人が読んだら「はあ?」と思う、今のベストセラー本とかも実はあるのかもしれない(逆に、今でも称賛されてる古典てすごいなとも思った)
読了日:10月29日 著者:三崎 律日


残酷な進化論: なぜ私たちは「不完全」なのか (NHK出版新書)残酷な進化論: なぜ私たちは「不完全」なのか (NHK出版新書)感想
生き物は死ぬから進化が起こる。細胞分裂でコピーを作り続けるだけでは突然変異は起こりにくい。人が死ぬのは進化するためかあ…なんか別の本でも聞いたことあるフレーズだなこれ笑
読了日:10月29日 著者:更科 功

読書メーター

【読書録】憤死

はてなブログの「今週のお題」として、最近読んで面白かった本をご紹介(第2弾)。

今回は綿矢りささんの『憤死』をご紹介。

https://m.media-amazon.com/images/W/IMAGERENDERING_521856-T1/images/I/41lExpQi9PL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

出版社 ‏ :  河出書房新社

発売日 ‏ :  2015/3/6

概要

短編集。タイトルの『憤死』は短編集のうちのひとつ。語り手が、友人のお見舞いに行くところから物語が始まる。

感想(ネタバレ含む)

タイトルになるだけあって「憤死」が一番おもしろかった。この「おもしろさ」というのはぞくぞくする面白さと言ったらいいだろうか。

本気で怒って、自分の命に八つ当たりして、そのおまけで死んでしまうのが憤死なのだという。怒りの発作で死んでしまう、とでも言えばいいのだろか。怒りの才能がないとできない技だなとも思い、よく思いつくなあとため息が出てしまった。

自分に怒りの才能がない人が、果たして「憤死」の登場人物のような行動を思い描き、描写できるだろうか。少なくとも私はできない。だからこそ、できる人が書いた小説を読んでその境地を理解する...読書ならではの「自分では体験できない状況」に浸れる、最高な本だと思った。

bookmeter.com

最初にふれる綿矢りささんの作品としても読みやすいかも。

 

ちなみに、最近読んで面白かった本の第1弾もあるので、よしなに。

mang2guo3.hatenablog.com

大事なことほど小声でささやく

今週のお題は「最近おもしろかった本」とのこと。何冊か本を読んだが、そのなかで面白い!と思ったものを紹介したい。

今回は、森沢明夫さんの「大事なことほど小声でささやく」をピックアップ。

https://m.media-amazon.com/images/W/IMAGERENDERING_521856-T1/images/I/41DC3JQzaZL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

概要

ゴリマッチョなバーの「ママ」が、ジム仲間の悩みを解決していく…と言うもの。主語は「ママ」だったり、「ママ」のジム仲間だったりする。

「ママ」のキャラクターがあまりにも濃いので、こんな人現実にいないよ~と思うかもしれないが、「ママ」やジム仲間が抱える「悩み」の内容はとても現実的。

娘の夢を応援したいが複雑な思いを抱く父親、世代が二回り近く違う部下との接し方がわからない管理職、家族の死をきっかけについ表情をつくるようになってしまった...など、自分や、自分の周りにこういう人はいないだろうか。

感想

この本の「おもしろさ」は、ゲラゲラ笑うようなものではなく、自分や周りの人が感じているけれども、なかなか言語化できなかったり、うまくかみ砕いて消化できない気持ちを、文字を負いながら整理できるところだとおもう。そして、「ママ」のささやきをきっかけにジム仲間がちょっと視点を変えたり、自分をふりかえってたりして、物事が動いていく。

ささやきの内容もいいのだけど、個人的には、ジム仲間やママの葛藤を読んで「ああ、わかる~~」とか「自分もこういう悩みをいつか抱くのかな」と、思えるところが面白かった。自分とは性別も、家族構成も、職業も、年齢もちがう別の誰か、でも身近にいそうな人の人生を覗いて、体験しているような感覚に浸れる。

ちなみに、個人的には歯医者さんの話が一番好きだった。

今回紹介した本

出版社 ‏ :  幻冬舎

発売日 ‏ :  2015/8/5

bookmeter.com

2022年9月の読書録

台風が過ぎ去ってから、急に秋らしさが増した気がする。

朝晩は涼しいし、昼間も日差しは感じるものの、真夏のうだるような暑さは感じられない。虫の鳴き声も聞こえるし、いよいよ夏が終わるのだなあと感じる。

さて、そんな季節の変わり目、見事に体調を崩した。といっても、新型コロナや風邪ではなく、逆流性食道炎を患ってしまった。おかげで、9月は前半を中心に体調が芳しくなく、読書よりも軽い運動や休息に時間を割いたのだった。

腹八分目を心掛け、お酒や炭酸飲料(ビール含む)、辛いものや、すっぱいものはなるべく控え、食べすぎたなと思ったら肉を控えて野菜をお目に摂取するなどした。結果、お酒の量が減ったからか、体が軽いと感じる日が増えた気がする。まあ、体調が回復して食欲が戻ったので、体重は増加しているのだが。

さて、そんな9月の読書録は以下のとおり。

9月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:744
ナイス数:46

インストール (河出文庫)インストール (河出文庫)感想
Kindle Unlimitedで、『憤死』に続いて読了。ちょっと狂気が入り混じった感じの登場人物が、普遍的な言葉で描写されていて、すごいなあと思った。個人的に、狂気具合は『憤死』の方がわかりやすくて好きです。
読了日:09月11日 著者:綿矢 りさ


北欧こじらせ日記北欧こじらせ日記感想
インスタでいつも投稿を拝見しているチカさんの、フィンランドオタクになるまでと、寿司職人を目指すまでの経緯がまとまっている。フィンランドではないが、自分もチカさんのようにのめり込む国があるので、共感度高い。そして、何よりイラストが素朴で可愛くて、こんな世界観で生きたい!と思わせるようなほっこりした雰囲気の本なのがよかった。ちなみに、ほっこりしてるけどチカさん、お仕事や恋愛ではなかなかハードな経験もなさったことがあるようで…ますます筆者を応援したくなり、私もちょっとフィンランド興味湧いたなと思った。
読了日:09月19日 著者:週末北欧部chika

mang2guo3.hatenablog.com


センスは知識からはじまるセンスは知識からはじまる感想
論理的説明の部分を念入りに読んだ。家族にデザイナーがいるので「なんだかんだ才能の違い」と思う部分も引き続きある。けれど、例えば宣伝する商品の、根源的な部分(由来、素材)、消費者が抱くイメージ、さらには書体の歴史などの知識を総動員するというのは、私でもできそうだし、努力できそうだと思った。「私センスがないから〜」っていうのは、センスの磨き方を知らないか、知識を身につけることを怠っていることの表明になるだけだと思って、精進しよう。
読了日:09月25日 著者:水野 学


医師がすすめる 太らず 病気にならない 毎日ルーティン医師がすすめる 太らず 病気にならない 毎日ルーティン感想
食物繊維を多めに摂って、動物性タンパク質を控える(ゼロにするのではない)が内臓に負担をかけないのだなということがわかった。最後の部分にあったけど、私は矯正を機にお菓子を食べなくなってから、お菓子を食べると物によっては「甘すぎてまずい」と思うようになったので、生活を変えると、体が求めるものも変わるというのは同感。朝起きてのレモン水、私は冷たい水は腸に良くないと聞いたことがあるので、これは見方によっていいもの悪いものが変わるのかなあと思い、レモンはありだけど冷水はなしかなあと思った。
読了日:09月26日 著者:石黒 成治

 

それから、読書メーターでは記録できなかったが、はてなブログを通じて知った以下の本も読んだ。

 

読書メーター