今日こそは勉強しよう。

読書メモ、勉強メモ、日記など、文章書きたい欲を満たす場所。

【読書録】グラスホッパー

久々に小説が読みたいなと思い、手に取ったのが伊坂幸太郎さんの『グラスホッパー』。

bookmeter.com

気軽に読み始めたにしては、いきなりアウトローな空気全開。血みどろ、バキバキ、ゴリゴリな殺し屋のお話。ところが、ミステリーというよりは、殺し屋業界の人たちが複雑に絡み合いつつ、だんだん近づいていき、最後は...というお話。

ミステリーだが、謎解きよりも、彼らがどういった技を使うのか、そして何を求めているのかが明らかになっていく過程が面白い。

以下、完全にネタバレなので、まだ読まれていない方はご注意を。

個人的には、最初に車に乗せられた男女カップルやホームレスのおじさんの発言が、物語の終盤でしっかりフラグ回収されている点が面白かった。本筋のキーというほどでもないが、読者に気付かせずフラグを立てておく技術…秀逸。