今日こそは勉強しよう。

読書メモ、勉強メモ、日記など、文章書きたい欲を満たす場所。

旅×夜の思い出

f:id:mang2guo3:20211007002257p:plain

角田光代さんの『幾千の夜、昨日の月』を読んだ。
端的に言うと、旅×夜のエッセイ。旅といっても場所は様々なので、旅ごとに違った夜のことがつづられている。

bookmeter.com

夜と言っても、素敵なバーでご飯を食べたとか、夜景がきれいだったとか、そういうビジュアルが「映える」夜だけでなく、孤独感を感じたり、一緒に旅している人に何らかの感情を抱いた夜も含まれている。そのため、筆者と同じ場所に旅行していなくとも、共感できる経験がいくつかあった。

今回、この本を読んで、自分の旅×夜の思い出を振り返ってみたくなったので、何回かに分けて記事を書きたいと思う。

タイの寝台列車

人生初の寝台列車はタイだった。布団ごと旅をするような不思議な感覚だった。

mang2guo3.hatenablog.com

台北の川沿い

台湾留学中のほろ苦い思い出。

mang2guo3.hatenablog.com

眠れなかったジャワの夜

自然になれない田舎者が森の中で一晩過ごす話。

mang2guo3.hatenablog.com