今日こそは勉強しよう。

読書メモ、勉強メモ、日記など、文章書きたい欲を満たす場所。

メタルで英単語を覚えだした話

外国語を学ぶ上で重要なことの一つが、語彙を増やすこと。ですが私はそれがめっぽう苦手です。

これまで単語帳と教科書でしか語彙を増やしてこなかった私ですが、このたび歌を聴いて語彙を増やせそうなことに気付きました。

はじめに

学生時代にとある団体の活動で知り合った先輩が、英検1級に合格した際

「英語をマスターしたいならメタルを聞け」

とおっしゃっていました。

なんでも、英検1級に出てくるような難しい単語が、メタル(先輩曰く特にデスメタル)ではバンド名にも歌詞にも頻出らしく、勉強になるのだとか。

当時はメタルを聞かなかった私ですが、最近ひょんなことからパワーメタルを聞くようになり、なんとなくその言葉の意味がわかってきた気がします。今日はそんな話です。

もっぱら座学で外国語を勉強してきた自分

本題に入る前に、私の語学勉強方法について紹介をば。

私は英語と中国語を勉強しており、レベルとしては英語の方が上、中国語は一応試験には受かっているものの、日常会話がぎりぎり可能なレベルで、仕事で使うとなるとまだ足りないという水準です。

さて、そんな私は外国語をもっぱら授業、試験勉強、実践(友人との会話や授業)で勉強してきました。

ドラマも映画もアニメも見ない自分

外国語、とくにネイティブの自然な表現をマスターしたいならドラマや映画をみるとよい、というのはよく聞きます。

実際、友人たちの中にもドラマや映画で英語・中国語を勉強している人はたくさんいましたし、彼ら・彼女らは(座学によるものもあったとは思いますが)会話がうまくなってすごい!とそばで見ていて思うことがありました。

他方、私はというと、そもそもテレビを見ない(もはや見ないので持ってすらいない)ことや、映画も誘われない限り見ない(映画館が遠かったので見る習慣がない)こと、ドラマに至っては日本語版すら見ない(人間模様は現実で十分ヒヤヒヤさせられているので、これ以上のヒヤヒヤや心配はしたくない)という、くせ者でして、ドラマ・映画で外国語を勉強という選択肢をとったことがありませんでした。

そもそも、ドラマや映画で外国語を勉強するというのは、楽しみながら外国語もマスターできることが魅力だと思います。ただ、普段からこれらを見ない私にとっては何語であろうと画面の前に座り続けることが苦痛なため、その魅力が全く活かされない、ドラマ・映画、学ばれる外国語、そして私の「三方悪し」になる勉強法でした。

音楽で語彙を勉強をこれまでなぜしなかったのか

ドラマも映画も見ないので、主題歌を知ることもなければ、CM中にかかる音楽も聴かない…ということでいわゆる歌詞のある歌をほぼ聴かない生活を学生時代から続けてきました。

また、自分にとっては音楽=勉強のBGMとして聞く時間が最も長いので、集中の妨げにならないようできるだけ歌詞の入っていない曲を聴くようにしていました。

その結果、音楽は聴くけれど歌は聴かない、という奇妙な習慣がついてしまい、これまで歌で外国語を勉強するという発想にすら至ることがありませんでした。

英語であれば、歌詞で単語を勉強するのはありかも

これまでドラマや映画での外国語勉強はしてこなかった私ですが、spotifyを聞きながら在宅勤務していたある日、discover weeklyで(なぜか)以下のパワーメタルの曲がレコメンドされました。

www.sabaton.net

歌詞が英語だったのと、作業中でそもそも歌詞はあまり聴いていなかったこともあり、その場で内容は理解できなかったものの、メロディがいいなあと思い、ちょくちょく聞くようになりました。メロディだけでなく、歌詞が歴史物だったので、私が単純にその分野に興味があったというのも大きなポイントだったかもしれません。

そのうち、歌詞の内容をちゃんと理解したいなあと思い、単語を調べたり、背景知識(そのバンドの公式サイトに歌詞と解説が掲載されている)を見たりしていました。

ちょい難しめの単語でも何度も音楽を聴くと覚えられますし、そもそも長文読解と異なり単語の意味がわからない場合に前後から意味を推測ということが歌詞では難しいので、手間でも単語の意味を調べようという気持ちになります。

ドラマや映画での勉強は合わなかった私ですが、英語に関しては、音楽(いまのところメタル)で勉強するのはありだなあと思えてきました。

中国語を歌で勉強するのは難しいか

音楽で外国語を勉強するのは良さそうと思いましたが、あくまで「英語なら」の話です。

中国語については四声を暗記する必要があるため、四声に加えてメロディそのものによる音の上がり下がりが追加されると、発音をきちんと覚えられないかもしれな意図思いました。

もう少し語彙を増やして、コロケーションを覚えるために歌を聞く、というのであれば効果的かもしれません。

おわりに

かつて先輩がおっしゃっていたことは本当だったのかもしれない、という思いを胸に、今日もメタルを聞いて過ごします。それによって覚えられた単語が日常生活で活きるかといわれると、歌の内容的にそこは正直微妙ですが笑。

そのうち、ブログにも単語メモとか書こうかなと思っています。

それでは今回はこれにて。